top of page

繊細さをアートに活かす

心のレッスン

 

0033_xlarge.jpg

【こんなことありませんか?

 

✓自分はガラスのハートだなと思う

✓光、音、匂い、肌など刺激に敏感だ

✓ピリピリしたムードや重い雰囲気が苦手

✓機嫌が悪い人がいると自分のせいかな?と思ってしまう

✓気を遣い過ぎてぐったり疲れてしまう

✓自分の要望や意見を言えない

✓人に頼るのが苦手

いかがでしょうか?

一つでも当てはまった方は繊細さんかもしれません。

わたし自身もHSS型HSP(繊細なのに刺激を求める)という矛盾した気質があり、生きづらさを抱えてきました。

HSS型HSPについてこちらの記事にまとめたのでぜひ読んでみてください。

明るく見えるのに繊細?矛盾を抱えるHSS型HSPなアーティストの生きづらさ

その気質と向き合い、うまく自分でコントロールできるようになると、繊細さはわたしの音楽活動にとっていちばんの武器になりました。

​逆に、私生活や人間関係では繊細さのせいでトラブルになったり悩むことが減りました。

繊細さをアートに活かす心のレッスンでは、アーティストさん自身の力で、繊細さが原因で起こる私生活や人間関係のさまざまな問題を改善し、パフォーマンスや創作に気質を最大限活かす方法をお伝えします♪​

演奏.png

 

【レッスンの目標】

 

・心のダメージを受けにくくし、悩む時間を半分に減らす!

・刺激から身を守る方法を身に付ける!

・人の機嫌や場所の雰囲気に流され過ぎず自分のペースを保てるようにする!

・自分の意見をしっかり伝えつつ、相手のことも尊重できるようにする!

・人間関係が今よりもラクにする!

・自分の力で心の問題を予防したり解決ができるようになる!

レッスンのポイント】

 

・繊細な気質はそのままで、自分の力で問題に対応する力をつけるので、あなたのパフォーマンスや創作力が落ちることはありません。

 

・わたし自身も繊細な気質を持っており、さまざまな問題を克服した経験があります。

・レッスン形式なのでお悩みを聴いたうえで、心を整えたり考え方を習慣化させるワークを実践してきていただきます。
​少なくとも3週間しっかり実践していただくことで定着化していきます。

・効果が出るまでに個人差がありますので、それまではしっかりとサポートさせていただきます。

セルフトーク.png

 

【レッスンの流れ】

 

・まずは無料お試し相談で繊細な気質がどんな面で悪影響を与えているのかを聴かせていただき、今後あなたが目指したい目標を一緒に考えます。

 

・その後、繊細な気質とどう向き合っていけばいいのかをマンツーマンレッスン形式でアドバイスさせていただきます。

・テキストなど強制的にご購入いただくものはありませんが、こちらでオススメする気になる関連書籍などがあったらご自身で選んで買っていただいてもかまいません。

・メモを取ったり、第三者に公開しない前提で動画や写真をお撮りいただいても大丈夫です。

・守秘義務を厳守いたします。

相談いただいた内容を許可なく第三者に伝えることはありません。

【こんな方におススメ!】

 

繊細な気質のせいで私生活や人間関係などに悪影響が出ている。

繊細な気質を創作やパフォーマンスにうまく昇華したい

​※プロアマ問いません

0153_xlarge.jpg

 

【相談・レッスン方法】

 

■テレビ電話(Zoom)

Wi-Fi環境のある場所でしたらどなたでもご利用いただけます。

​ご希望があれば顔出しなしでも大丈夫です。​

■対面

指定のスタジオ・レンタルスペースを利用します。

場所については要相談。​

料金・回数】

■料金

・初回無料お試し相談1回60分

月1回60分¥6,000

・月2回60分¥11,000

・月3回60分¥16,500

・月4回60分¥22,000

​・追加レッスン1回60分¥5,000

■お支払方法

銀行振込/Paypal/Paypay(手数料別)

■振替・繰り越し

前日の23時まででしたらご予約の振替が可能です。

​同月中に回数を消化できない場合は翌月への繰り越しが可能です。

 

■回数の目安

繊細な気質とうまく付き合えるようになるのに、単発レッスンでうまくいくことはほとんどありません。

楽器のレッスンなどと同じで日々の積み重ねが大事です。

​効果が出るのに最低でも一か月必要です。

筋肉.png

【注意事項】

 

​当日の連絡ありキャンセルは半額返金、連絡なしキャンセルはご返金できませんのでご了承ください。

​※自然災害など止むを得ない場合はご相談ください。

・現在精神科や心療内科、カウンセリングに通っている方は、かえって症状が悪化する場合がありますのでご遠慮ください。

​・ご相談内容によってはほかの専門家をご紹介することがあり、その際に許可をいただいたうえで専門家に必要な情報をお話しする場合があります。

・緊急を要する方は行政機関などが行っている無料相談窓口までお問い合わせください。

無料お試し相談のお申込み・お問い合わせはこちら

bottom of page