top of page
  • 執筆者の写真michiyotrio0614

『新作歌舞伎ファイナルファンタジーX』

この広告を見たときにはもうすでに千秋楽を終えてしまっていて間に合わなかったので、配信で見ましたがまじで素晴らしかった。 ファイナルファンタジーXはわたしが唯一最後までクリアできたRPGであり、このシリーズの中でも唯一プレイしたゲームです。 とにかく話が壮大で深くて素敵だったので、こうして演劇として観れるのはすごく嬉しかったです。 さらに、前から少し興味のあった歌舞伎との融合。 ちゃんと前説で歌舞伎の簡単な説明もしてくれるし、基本的にはゲームの進み方通りだけど、見せ場ではしっかり歌舞伎としての演技も観れて2倍楽しかった! キャラクターのイメージが違いすぎるという意見もチラッと観たのですが、そもそもこれは実写化というより、ゲームをモチーフとした歌舞伎なので、わたしはこれはこれですごく良いと思います。 個人的にアーロン、シーモア、ジェクトの役が大河ドラマや映画でもよく見る、中村獅童さん、尾上松也さん、坂東彌十郎さんでピッタリハマり過ぎでした。 特に、鎌倉殿で北条時政パパを演じた彌十郎さんがジェクトパパを演じたのは胸熱。 ゲームの中でも、父親と子のシーンはマジで泣けるから、今回の配信でも同じ場面は感動しました。 最新の技術を使った映像もありながら、音楽は基本的に和楽器が使われていて、もともと好きな曲が和風になりさらに雅に。 伝統を受け継ぎながらも新しいことに挑戦していく姿勢がとても素敵だと思いました。 ゲームはもちろん、これで歌舞伎に興味を持った方もいたのではないでしょうか? 見終わってからやっぱり生で見たかったな〜と後悔。 あと10日観れるので、どこかでもう一回くらい観ようと思います。 興味のある方は10月末まで配信あるのでぜひ♪


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page