• michiyotrio0614

【お休みのご報告と束の間の奇跡】

実はここしばらく外出でのお仕事をセーブしておりました。

というのもほんの少しの間、わたしのお腹にいのちが宿り、つわりと戦っていたからです。


残念ながら先日心臓が止まってしまっていることがわかり、お迎えすることができなくなってしまいました。


明日手術をして、正式にお別れしてきます。

健康が取り柄なわたしにとって初めての手術なのですごく怖いですが、がんばります。


術後は安静のため、3月いっぱいは外出してのお仕事をお休みさせていただきます。

先日も濃厚接触でお休みいただいたにも関わらず、ご迷惑をおかけし申し訳ありません。


現在お引き受けしている宅録業務、オンラインレッスンなどのやり取りは可能な限り対応します。

SNSもいまは見るのがつらいので、一時お休みさせていただきます。


人生そんなにうまくいかないとはわかっていても、初めての妊娠でまさかいきなり流産を経験するとは思いませんでした。

確率なんてアテにならないですね。


周りが順調だっただけに次は自分もと期待をしすぎていたのかもしれません。

ショックで涙が止まりませんでした。


新しいいのちを生み出すって簡単なことじゃないし、子どもが産まれることが当たり前でもなく、奇跡なのだと改めて思いました。


自分がこうして健康に育って生きていることは奇跡なんだ。

だから余計にいのちの尊さを身に染みて感じました。


担当の先生には、自分には次の出産の可能性があることや、今回は母体が原因ではないから自分を責めないようにと温かい言葉をいただきました。


また、旦那さんや両親、旦那さんのご両親にも温かく支えてもらい、なんとかここ数日を過ごすことができました。


たった少しの間でも、お腹に赤ちゃんがいるんだと実感できた日々はつらかったけど幸せでした。

短い間だけど頑張ってくれたんだなと思います。


これを乗り越えて、新しいいのちをまたお迎えできるように準備していきたいと思います。


また元気に4月から活動していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


皆さんもどうか、当たり前じゃないご自身のいのちを大切にお過ごしください。

閲覧数:101回0件のコメント