top of page

 

大事なライブがある人のための

演奏メンタルトレーニング

 

大事なライブがある人のための演奏メンタルトレーニング.png

 

【演奏メンタルトレーニングをオススメしたい人】

 

✓大事なところでミスをしてしまう
✓練習でできたところが本番になるとできなくなる
✓緊張で頭が真っ白になったり、手や声が震える
✓物音や照明、匂いなどに敏感に反応して集中力が切れやすい
✓演奏中に別のことを考えてしまう
✓過去の失敗がトラウマで演奏に自信がなくなってしまった
✓本番での失敗を引きずってしまう

​こんなことありませんか?
一つでも当てはまった方はぜひ演奏メンタルトレーニングをオススメします。

【演奏メンタルトレーニングとは?】

演奏メンタルトレーニングとは、本番で最大限の力が発揮できるように、心のトレーニングをすることです。

もともとメンタルトレーニングは、ストレスのかかる環境で生活しなければならない宇宙飛行士に向けて行われたのが最初でした。

その後スポーツ界に浸透し、オリンピックではメンタルトレーニングをした国にメダルが集まるなど大きな成果を上げます。

日本でメンタルトレーニングの研究会が立ち上げられたのは1994年と最近のことで、少しずつスポーツの世界では浸透してきていますが、まだまだ遅れているのが現状です。

しかし本当に少しずつではありますが、スポーツ以外の分野でもメンタルトレーニングに注目が集まりつつあり、音楽もその一つです。

ピアニスト

【メンタルトレーニングの認知と必要性】

 

いい演奏のためには心(精神面)、技(技術面)、体(身体面)のバランスが大事です。

しかしわたしもそうでしたが、多くのアーティストさんは本番までに技術的な練習だけをこなしていきます。

本番でうまくいかないのは「練習が足りてないからだ」「実力がないせいだ」と思い込んでしまうのですが、そうではありません。

日頃のストレス耐性や思考習慣、そして本番当日の身体や心の整え方もパフォーマンスに大いに関係してくるのです。

しかしメンタルも一緒に鍛える人は少なく、そもそもトレーニング方法を教わる機会もほとんどないので、メンタルの大事さを知らない方も多いでしょう。

お客様から貴重なお金や時間を割いて観ていただくからには、実力を充分発揮した演奏をするためにメンタルを整えることも大事だとわたしは思います。​​

「わたし体力ないしな…」「わたしメンタル弱いからな…」と諦めるのはまだ早いです!


そんなあなたにこそやっていただきたいのが演奏メンタルトレーニングです。

大事なライブがある人のための演奏メンタルトレーニングでは緊張やプレッシャーに負けず、本番で実力を発揮できるように演奏に特化したメンタルトレーニング方法をレッスン形式で学ぶことができます。

ボクシングをする女性

 

【演奏メンタルトレーニングの目標】
 

①自分の現状を把握し、強みと弱みを理解しておく
②明確な目標(目的)を持ってライブに臨む
③ストレスとうまく付き合う方法を身に付ける
④適切な緊張レベルにコントロールできるようにする
⑤ポジティブな思考習慣を身に付ける
⑥適切なイメージを味方につける
⑦集中力を持続できるようにする
⑧失敗やハプニングに対応できる力をつける
⑨自分でメンタルトレーニングメニューを組めるようにする

【こんな方におススメ!】
 

✓あがり症で、緊張すると手が震えたり真っ白になる

✓本番の集中力が続かない

✓これから本番が控えていて、メンタル面の対策をしたい

✓発表会に向けてメンタルも整えたい

​※プロアマ問いません

ピアノの授業

 

【演奏メンタルトレーニングの流れ】

 

①本番1カ月前(初回無料相談・初回レッスン)
まずは現在の状況をヒアリング。
直近のライブの自己評価をしたり、アンケートに答えていただきながら苦手なことや、本番でよく出てくる心や身体の症状をお聴きします。

​それをふまえておススメのトレーニングの提案をし、一緒に検討していきます。

②本番3週間前(レッスン2回目)

本番までのトレーニングメニューを計画。
あなただけのオリジナルトレーニングメニューを組み立てていきます。

③本番2週間前~当日(レッスン3回目、4回目)
トレーニングの実践と進捗の共有。
必要があれば計画の見直しや別メニューの提案など。

④本番後(レッスン5回目)
本番のトレーニングの成果を確認、終結。
必要であれば次のライブに向けて新たな挑戦へ。​

【わたしの実体験】​
 

実はわたし自身も以前は本番で実力を発揮できないタイプでした。

・本番でいつも練習でしないようなミスをする
・イントロや間奏、エンディングなど大事な部分で間違える
・会場の音や空気に心を乱される
・他の人の目が気になる
・集中力が続かない
・演奏中いろんな雑念で頭がいっぱいになる
・「今ここ」に集中できず最後まで楽しめない
・ミスを最後まで引きずる
・終演後、酸欠や極度の疲労状態に陥る

「こんなふうになってしまうのは、自分の練習不足や体調管理不足のせいだ」
「なんて自分はこんなに弱いんだ」
と本番のたびに自分を責め続けていました。

2019年にメンタルの調子を崩してからカウンセリングや心理学を勉強していくうちに、メンタルトレーニングというものがあるのを初めて知りました。

このとき、本番を成功させるためには技術的な練習だけでなく、メンタルも一緒にトレーニングする必要があるということがわかりました。

わたしは2022年からメンタルトレーニングの勉強をはじめ、本番のたびに実践を重ねた結果、頭の中の雑念やミスが減り、「いまここ」に集中して本番で今まで以上の演奏をすることができるようになりました。

​終演後の極度な疲労感もなくなり、最後まで楽しむことができるようになりました。

これまでのメンタルトレーニング記録を書いていますのでよかったらこちらの記事も読んでみてください。↓

大事なライブがある人のための演奏メンタルトレーニング

0042_xlarge.jpg

 

【相談・レッスン方法】

 

■テレビ電話(Zoom、Skype、Google Meet)

Wi-Fi環境のある場所でしたらどなたでもご利用いただけます。​​

■対面

指定のスタジオ・レンタルスペースを利用します。

場所については要相談。

スタジオ料金など別途。

【トレーニング期間​・回数】

【演奏メンタルトレーニングの流れ】にも記載した通り、基本は本番1カ月前~本番後までの無料相談も入れて計6回のレッスンになりますが、回数の調整も可能です。

本番直前のレッスンなども可能ですが、メンタルトレーニングはすぐに効果が出ない場合が多いということをあらかじめご了承ください。

【料金

■料金

・初回無料相談1回60分

・メンタルトレーニング全5回60分¥33,000

・追加レッスン1回60分¥5,500(通常より¥1,100お得!)

※回数を減らしたい場合はご相談ください。

​※対面レッスンの場合はスタジオ料金など場所代を別途いただきます。

■お支払方法

現金/銀行振込/Paypal/Paypay(手数料別)

■振替・繰り越し

前日の23時まででしたらご予約の振替が可能です。

​また、同月中に回数を消化できない場合は翌月への繰り越しが可能です。

 

■回数の目安

本番の日程が最低でも1カ月後からの開始がおススメです。

直近の本番でも対策できることはありますが、根本から解決しなければ効果を実感しにくく、技術的なトレーニングと同じで日々の積み重ねが大事です。

【注意事項】

 

​当日の連絡ありキャンセルは半額返金、連絡なしキャンセルはご返金できませんのでご了承ください。

​※自然災害など止むを得ない場合はご相談ください。

・現在精神科や心療内科、カウンセリングに通っている方は、メンタルトレーニングを行っても大丈夫かご確認ください。

初回無料相談のお申込み・お問い合わせはこちら

bottom of page